お知らせ

▲すべての記事を見る

今年度の永代経について

今年度の「永代経」は、コロナ禍の現状において、通年通りの法要は困難と判断し、代表者による参拝にて執り行います。

 

永代経は、仏様のみ教えが永代にわたって受け継がれていくための法要です。
3月7日(日)午前11時より、本堂で「阿弥陀経」読経の後、宗願寺の墓所と合葬墓「倶会一処」にお参りします。
お斎は行いません。
詳しくは、お寺からのお手紙をご一読ください。

新年にあたって

光 寿 無 量

(ひかりといのちきわみなき)


令和3(2021)年 正月

お寺では、今まで仲良く「三密」であることを喜んできました。
コロナ禍の辛い日々から学んだことを大切に、これからも精進していきたいと思います。
今年度の年間行事予定も立たないままお正月を迎えました。
状況は厳しいままですが、お寺はみなさまの心のよりどころであり続けたいと、心より念じております。
本年もよろしくお願い申しあげます。

宗願寺 住職・釋直道 副住職・釋由真 坊守・釋妙寿

令和2年「報恩講」の動画を公開しました。

宗願寺時報 「ともしび」 第46号 2020年10月25日号

報恩講のお知らせ

今日の法話更新しました~「決まっていません」

「あなたに届けたい話」

令和2年「永代経」の動画を公開しました。

永代経を行いました。

5月21日(木)親鸞聖人のお生まれになった日、午前11時から、門信徒代表の方々に参列頂き、永代経を行いました。

追って動画サイトのご紹介を案内しますので、皆様、是非ご覧ください。

内陣一部にビーニールシールド設置されました。

本堂、内陣向かって右側、通常住職が読経される場所に、福島壮年会会長によりビーニールシールド設置されました。
5月21日の永代経も、この席より住職のお念仏をいただき、最少人数にて営まれます。
なお、永代経の模様は動画として動画配信サイトより配信する予定です。